人の話しや悩みを聞くとはどういうことなのでしょう。
普段はあまり意識することはないでしょうね。
しかしカウンセラ-はこのことをとても強く意識し考えます。
特に初対面の場合、お互い緊張しますし、どういう人なのか全くわかりません。
クライアントは不安と恐怖と緊張の雨あられどころか雨あらし(嵐)でしょう。
そのためカウンセラ-は、まずは緊張をやわらげスム-ズに会話ができるよう
に最善の努力します。

そしていよいよお悩みを聞くという本題に入っていくわけですが、
まずはクライアントとの信頼関係を築くためにある技法を使います。
そのある技法を使うことにより信頼関係が築きやすくなると言われています。
そして信頼関係が出来ると、人は心を開き何でも話してくれるようになります。
何でも話してくれるということは、より多くの情報が得られるわけです。
当然情報は少ないより多いほうが解決のヒントが見つけやすくなります。
そしてより深いレベルでの会話や情報はその人の本心や真の悩みを知るのに
とても重要なことです。

さてさて、「信頼関係を築く技法」なるものとはいったいなんでしょう。
次回、「信頼関係を築く技法」の秘密にせまります。

Follow me!