心理カウンセリングとは?

心理カウンセリングについてわかりやすく解説していきます。
簡単にいうと心理カウンセリングとは、クライエント(相談者)がカウンセラ-(心理的支援者)に心の悩みを相談して、何らかの心理的な支援を行うことです。
カウンセラ-は、基本的に傾聴という技法(コミニケ-ションスキル)を使ってあなたの悩みを聴いていきます。
傾聴とはあなたの悩みをただ聞くのではなく、より注意深く丁寧に聴いていき、すべてを受容的、共感的に聴く技術のことです。
したがってアドバイスをしたり、あなたの価値観を否定したりすることはいたしません。
ただしアドバイスを希望する場合や、認知や思考の改善を必要とする場合は臨機応変にクライエント様に適した対応をさせていただきます。

カウンセリングで大切なことは、今のあなたの素直な感情や価値観(考え方)をカウンセラーが知ることです。
つまり傾聴とは、ただ話しを聞いて「うんうん、大変だね」って聞いているだけ?と思われるかもしれませんがそうではありません。
傾聴とはお悩みの本質が何なのかを明確にし、最短距離で悩みや問題解決を導いていくためのたいへん高度なスキルなのです。
また、カウンセリングを通して、悩みや問題解決のヒントあなた自身が気付きを得るよう導いていきます。
そして様々な問題や障壁が複雑に絡み合ってしまった糸を一つ一つ丁寧に解いていく作業をしていきます。

カウンセリングは「気付き」これこそが大事なのです。この「気づき」こそが悩み解決の突破口となるのです。
そして「気づき」をスタ-トラインとして、ここから先は悩み解決のためにあなたに適した無理のない解決方法を一緒に考えていきましょう。

さらにわかりやすく動画で説明しておりますので、こちらも是非ご視聴ください。

あなたのお悩みを解決へと導く各種心理療法もあります。

心理療法についてはこちら

https://youtu.be/sPb464Kd7KY